• Home
  • About
  • Blog
  • about

    2002年頃、世界中のフェスやレイヴを旅しながら食べていけるような職はないかとふっと思い、会場でたまに見かけるキャンドルを作りを始める。
    その後、数年前にフジロックで見たニール・ヤングのキャンドルデコレーションを急に思い出し、「制作をしたのは誰だ!?」と探し回った結果、Candle JUNE氏に辿り着く。そのまま弟子入り。

    2004年、キャンドルデコレーションは体力的に女性には厳しすぎると薄々感づいていた頃、日本人なのにマークと呼ばれていた男から素敵な石を買って、初リングを制作。
    普段から身につけていたところ、Candle JUNE氏に褒められ本格的にアクセサリー作りを始める。
    自身のブランド、"make me Red" を立ち上げる。
    師匠と仲間たちの展示会にも度々作品を出展。
    様々なバイヤーの方に気に入っていただき、全国のセレクトショップなどにも並ぶようになる。

    2007年に独立。神奈川県の葉山に引っ越す。
    田舎暮らしを満喫しながら制作を続けるものの、築80年の平屋というボロ屋のせいか湿気の多い時季に2週間ほど家をあけると、家の中の8割がカビるという事件に巻き込まれたり、デッカいムカデやゲジゲジに夜這いされたり、お隣りさん(帝国ホテルの建築家フランク・ロイド・ライト氏の弟子、遠藤新氏が建てた素敵な邸宅であった)に巣を作ったキングサイズの凶暴な蜂にイジメられたりという恐怖体験に疲れ果て都内に戻る。
    その後人生の低迷期を彷徨う。(割愛)

    そんな中で、ヨーロッパのヴィンテージ素材を使用したファブリック製のアクセサリーや、どんな手を使ってでも猫に足元にじゃれついて欲しい人のための ”なにがなんでも猫に好かれたい人のためのスリッパ” の制作を始める。
    商品をお渡した方から「あなたの作った物を身につけていると、私もこのままでいいんだと自信が持てる」と言われ、お金をいただきながらも勇気までいただき、純粋な作ることの喜びを思い出す。

    2013年頃からショップやモデルルーム、ディスプレイなどの空間スタイリングにも挑戦する。
    これまでの小物制作での "手の中で作れる小さな世界" と、新しく "自分が空間に入り込み作る大きな世界" の、共通項と違いに楽しく翻弄される。

    2015年よりブランド名を "MAKES ME RED" にちょこっと改名し、アクセサリー・雑貨・オーナメント制作や空間スタイリングを中心に活動中。


    SPACE STYLING
    http://www.okamotosayo.jp

    for MEWMEW ADDICTS
    -なにがなんでも猫に好かれたい人のためのスリッパ-
    https://nanineko.theshop.jp